タラバガニの食べ方

カニの王様であるタラバガニは、そのまま食べても美味しいですし、お鍋や焼きガニとして食べても大満足♪ ただし、冷凍や浜茹でなど、カニの保存方法によって美味しく食べられる料理が異なってくるので注意しましょう。

カニの王様タラバガニを美味しく食べるには?
トップページ > カニにまつわる話 > タラバガニ・・・どう食べる?

生ガニと茹でガニの違い

カニの王様とも呼ばれる「タラバガニ」は見た目もボリューム満点で、 カニの中でもタラバガニが一番好きだという人もたいへん多いと思います。

タラバガニにもいろいろな食べ方があると思いますが、私はシンプルに、茹でたタラバガニのあの大きな足をパキッと割って、 ツルンと出たカニ身を豪快に味わう食べ方がお気に入りです。 そんな人、みなさんのなかにも多いのではないでしょうか?

最近はカニも手軽に購入できるようになって、インターネットの通販サイトを利用すれば、 北海道の美味しいタラバガニを自宅で食べることができます。

ところで、通販サイトで売られているカニには、浜茹でして冷凍されたカニと、生のまま冷凍されたカニがありますが、 その違いをご存知でしょうか?

深く細かい部分までは私も知りませんが、茹でて冷凍されたタラバカニは、解凍すればそのまま美味しく食べられます。 つまり、ボイルガニをシンプルに食べる私の大好きな食べ方ですね。 茹でてしまっているので、カニしゃぶや焼きガニ料理には向いていません。 カニサラダやカニグラタン、カニクリームコロッケ、カニ寿司やちらし寿司などの用途に向いています。

カニ鍋として利用することもできますが、すでに一度火が通っているので、煮え過ぎには注意が必要です。 ただ、足や甲羅を入れることでダシはしっかりと取ることができると思います。

用途いろいろな生のタラバガニ

冷凍された生タラバガニの場合、用途に合わせていろいろなカニ料理を楽しむことができます。 生タラバガニの最も定番といえるのがカニ鍋です。 カニの味がしっかりと染みこんだカニ鍋は、カニはもちろん、野菜なども美味しく食べることができ、 雑炊やうどんなどで締めて二度美味しい料理です。 でも、鍋やかにしゃぶに使うなら、やっぱりズワイガニの方が美味しい気もします。

そこでオススメなのが焼きカニです。 誰もが知る食べ方だと思いますが、意外とみなさんがやっていない食べ方だと思います。 ボイルされたものを焼いてもすごく美味しいのですが、生のタラバガニを焼いて食べるのが、また美味しいのです。 どちらにしても、味が濃縮されて、プリプリ感も増し、とっても美味しく食べれるので、タラバガニの美味しい食べ方としては一押しです。

生のタラバガニを茹でてボイルガニですることもできますが、茹で加減ひとつでカニの味は大きく変わってしまいます。 カニ専門の通販ショップから購入したタラバガニであれば、茹で方を説明したメモなどが付いてくるので、 そちらを参考にするといいでしょう。

冷凍の場合、そのまま冷凍すれば一ヶ月程度、冷蔵の場合、1~2日程度が消費期限の目安となります。 一度でも解凍したカニを再び冷凍した場合、鮮度が悪くなるだけなので、解凍後はすぐに食べるようにしましょう。

せっかくタラバガニを買うのであれば、豪快な食べ方で楽しむのが良いと思いますが、 カニの量も多いのでカニ身などが余ることもあるでしょう。

そのような場合には、カニを使った料理に挑戦してみてもいいと思います。 カニの天ぷらや甲羅を使ったグラタンなどは、それほど手間を掛けずに作れるので、是非ともレシピに加えてみてください。

タラバガニ ズワイガニ 毛ガニ 訳ありカニ トップページ
Copyright © カニ通販ランキング